原因を知ることが第一歩

a woman is boring

クラミジアは性感染症の1つなので、その主たる原因が性行為です。
性行為、と言うとコンドームを着用しての性行為においては性病感染のリスクも低いように思えますが、
口を使ったオーラルセックスや、性器を触った手で目を触ったり、キスをしたりするだけでもクラミジアに感染することもあります。
オーラルセックスは性器に触れることになるため、感染のリスクを理解している人も多いですが、
キスに関しては一見コミュニケーションの延長線上のようなソフトさがあるので、感染するリスクがあることを知らない人も多いですね。
よくあるのが、まだ性交渉を行ったことがないのにも関わらず、クラミジアにかかってしまうというケース。
性交渉もしたことがないのに何故?と悲しくなるかもしれませんが、キスやオーラルセックスが原因かもしれません。
そうなると、知らない人と裸で同じ水やお湯に浸かることになる温泉やプールはどうなの?と不安になるかもしれませんが、
クラミジアは性病の中でもそこまで強い菌ではないので、一度空気に触れると大半が死滅します。
そのため直接性器に触れたり、粘膜同士での接触を行わない限り、温泉やプールなどでクラミジアに感染する確率は極めて低いです。
ごく稀に性行為以外でもクラミジアに感染するケースもあるようですが、9割以上の確率で性交渉やそれに付随するキスなどの行為が原因になるので、クラミジアに感染してしまった場合はパートナーにも検査をお願いするようにしましょう。