Ashamed man

非常にやっかいな感染症

yellow and blue pills

クラミジアは性行為によって感染する性感染症のことです。
クラミジアは日本で最も感染者の多い性病と言われていて、10代~20代の若い男女に感染者が多く見られます。
男性と女性のどちらも感染しますが、感染した際の症状は男女で少し違います。
まず、男性がクラミジアに感染すると出る症状は主に2つ。
尿道の炎症と副睾丸の炎症です。
男性はクラミジアに感染してから1週間~3週間で尿道が何となくかゆい、睾丸に痛みがある、腫れているなどの自覚症状を持ちます。
尿道の炎症の場合は激痛などを伴うわけではないので、人によっては自覚症状が無い場合もあります。
副睾丸の炎症の場合は酷い場合は膿が溜まったり、炎症が広がり太ももの付け根が腫れてしまうこともあります。
女性の場合も自覚症状が表れるのは感染してから1週間~3週間ほどと言われています。
陰唇の痛みやかゆみ、下腹部の痛み、おりものの量が増えるなどの症状の他に、出血や性交痛を伴います。
子宮頚管に炎症が起こるため、この炎症が進むと不妊症の原因になるとも言われています。
また、女性の場合は目や喉にも感染することがあります。
喉に感染した場合は咳が出たり、目に感染した場合は結膜炎などの症状が見られます。
目や喉に感染してしまうと、性器に感染するよりも時間がかかってしまうそうです。
クラミジアに感染した人全てがなる訳ではないですが、
女性がクラミジアに感染した場合は、合わせて喉や目の検査をすることになります。
ですが、クラミジアに感染したとしてもクラビットやジスロマックと呼ばれる治療薬をもちいることによって非常に簡単に治療することが可能であるため
誰にもバレることなくクラミジアを治療することも不可能ではありません。

クラビットの効果や副作用について確認する

原因を知ることが第一歩

a woman is boring

性感染症の1つであるクラミジアの原因は、やはり性行為。「性行為」と言うと性器同士を使ったものをイメージするかもしれませんが、オーラルセックスやキスも性行為に含まれると言うことを知っておきましょう。

検査で確実に把握しよう

a man holding three blister packs

クラミジアは、人によっては自覚症状のないまま感染に気付かず、放置してしまう場合があります。パートナーが変わったら検査を行ったり、日頃から性行為においては挿入時だけでなくオーラルセックスでもコンドームを使用するなど、予防しましょう。

自宅で治療ができる時代に

a man is glancing

実はクラミジアは自宅にいながら病院と同じ検査を受けることができます。また、早期発見できれば治療も自宅で行うことができるんです。人に知られたくない病気だからこそ自宅で治療できるのは嬉しいですよね。